株式会社ユーザーローカル
新卒採用サイト

エントリー

ビジネス職社員インタビュー

新規事業

入社2年目、
新規事業の営業リーダーに

N.K
チャットボットチーム カスタマーサクセス リーダー
筑波大学 体育専門学群 卒 2016年入社
既存事業の営業で今までで1番の成果を出し、2年目からは新規事業のチャットボット立ち上げに関わる。3年目は立ち上がったチャットボットのカスタマーサクセスチームのリーダーとして顧客育成を行う。

ベンチャーならではの
「夢のある未来」を感じて

高校大学と続けてきたサッカーの中で学んだのは、チームで成果を出すやりがいとチャレンジ精神でした。そうした自分の個性を活かすためにも、大きな組織の一員として働くよりも、少人数のチームで幅広い経験を積みながら上を目指せる企業を軸に就職活動を行いました。

数多くの選択肢の中からユーザーローカルを志望したのは、WEB解析ツール「User Insight」、SNS解析ツール「Social Insight」をはじめ、企業のマーケティング担当者を支援する自社製品を持ち、新しい事業やサービスが次々と生まれていくことに可能性を感じたからです。

選考が進む中で特に決め手になったのは、お会いした先輩が楽しそうに仕事の話をしてくださったことでした。尊敬できる先輩に出会えたことで、入社後の「夢のある未来」をリアルに想像することができたのです。成長できる環境で新しいことに挑戦できている今、あの時の決断は間違っていなかったなと実感しています。

新規事業「チャットボット」の
営業リーダーに

入社1年目に既存事業の営業として実績と経験を積んだ後、2年目からは新規事業である「チャットボット」の立ち上げに参加しました。人工知能(AI)を活用して社内外からのよくある質問や問い合わせへの対応を自動化する「チャットボット」は、人工知能(AI)や働き方改革がトピックになる中、時代の最先端をリードする製品です。

当初2名でスタートした営業チームで、新規営業担当は私1人。「自分が動かなければ、製品が動かない」という責任感もあり、以前から「新しいことに挑戦したい」と考えていた私にとって非常にやりがいのある仕事でした。

リリースから2年程が経ち、現在は100社以上のお客様に「チャットボット」を導入していただいています。入社2年目で新規事業の営業リーダーを経験できるチャレンジングな環境に身を置けるのも、ユーザーローカルならではの魅力です。

自分で考えて動ける人には
チャンスがある環境

ユーザーローカルの良さは、オンオフの使い分けが上手な社員が多いことです。

定期的にあるチャットボットチームのミーティングでは「こういう声がお客様から来ているので、この機能を追加しませんか?」部署をまたいでエンジニアと意見交換をしたりと連携を密に取れることも、働きやすさにつながっています。

エンジニアの技術が非常に高く、「チャットボット」のような新しい事業が次々に誕生する当社は、自分で考えて動ける人にはチャンスが多い環境です。ビッグデータや人工知能(AI)、自動化といった「最先端の技術に触れながら、新しいことに挑戦したい」と思う人はぜひ一緒に働きましょう!

INTERVIEW
社員インタビュー
ビジネス職座談会
セールスの若手メンバーが語る
ユーザーローカルの日々

エントリー受付中

2020卒 エントリー