株式会社ユーザーローカル
新卒採用サイト

エントリー

世の中はまだまだ
面白くなる
ユーザーローカルは
挑戦し続ける

代表取締役 伊藤 将雄

インターネットの
果てしない可能性

大学四年生のとき、就職サイト「みんなの就職活動日記」を立ち上げました。まだ、インターネットを使った採用活動を行っている企業は国内に数社ほどしかなく、またインターネット上で学生同士が情報交換をする場も存在しない時代でした。情報インフラとしてインターネットの果てしない可能性を感じていたことから手探りでスタートしたサービスですが、立上げから4年ほどでサイトへのアクセスが急増し、多くの就活学生に利用してもらえるサービスへと成長してきました。
当時、新卒で入社した出版社で記者として働きながらサイト運営をしていましたが、本格的に事業化することを決意し「みんなの就職株式会社」を設立いたしました。その後、あらためて大学院に入学。Web上のユーザー行動解析や大規模データの分析、レコメンデーションエンジンの研究に取り組みました。 そこでの研究成果を活かして設立したのが、ユーザーローカルです。

ビッグデータ解析で
多くの人の人生を豊かに、
世の中をもっと面白く

私はこれまで、インターネットを通じて多くの人の人生が豊かになり、世の中がもっと面白くなるようなサービスを展開していきたいと考えてきました。ユーザーローカルは、まさにその思いを実現するために立ち上げた会社です。
いまや、インターネットは情報インフラとして、パソコンやスマートフォンの中だけにとどまらず、社会の隅々にまで浸透し、世界をひとつに結び付けています。さらに、クラウド技術の進化やマシンの性能の向上で、データの処理速度は飛躍的にアップ。ここに初めて、大量のデータを高速処理して有用な知見を導き出す、ビッグデータ活用の時代が到来しました。
私たちユーザーローカルの技術とノウハウを余すところなく発揮できる可能性が拡がっているのです。

ユーザーローカルは
「楽しみ」「挑戦する」人に
期待しています

インターネットを通じて多くの人の人生を豊かに、世の中をもっと面白く。この姿勢で取り組むデータ分析は、幅広い技術分野が求められる一方で、データ解析、データ可視化、自然言語処理、分散処理、人工知能(AI)などの専門的な知識が活きる分野です。特に人工知能をビッグデータ解析に活用することで、無限の可能性が生まれるものと期待されています。
私たちの仲間は、仕事をたんなる生きていくための手段ではなく積極的に楽しむ、いわば自分の可能性にチャレンジする人たちです。ユーザーローカルは組織も個人も、積極的に新しいリソースを採り入れ、世の中を面白くするためのチャレンジをし続けていく会社です。

Profile代表取締役 伊藤 将雄

早稲田大学を卒業後、新卒でビジネス誌出版社に入社。その後、楽天株式会社で、エンジニア・プロデューサーとして、楽天市場の携帯版サイトやコミュニティサイトの立ち上げ期の開発・設計を担当。 大学生時代に開発した「みんなの就職活動日記」を事業化し、みんなの就職株式会社を設立し代表取締役に就任。みんなの就職活動日記を、就職活動中の大学生のほとんどが利用する就職サイトに発展させる。 その後、早稲田大学大学院国際情報通信研究科に入学し、Web上のユーザー行動解析や大規模データの分析、レコメンデーションエンジンを研究。これらの研究成果を、早稲田大学内の産学インキュベーションセンター内で製品化し、ユーザーローカルで提供を開始した。

エントリー受付中

2020卒 エントリー