株式会社ユーザーローカル
新卒採用サイト

エントリー

エンジニア職座談会

創りたいものを
創れる場が、
ユーザーローカル
にはある

S.A
S.A
エンジニア
2018入社
筑波大学大学院
システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻卒
S.K
S.K
エンジニア
2018入社
奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科 情報科学専攻卒
H.W
H.W
エンジニア
2018入社
沖縄工業高等専門学校
情報通信システム工学科卒
TOPIC 1
ユーザーローカルを選んだ理由は?
企画の段階から新規サービスの開発に取り組める
S.K

大学でSNSのデータを使った機械学習の研究をしていました。ユーザーローカルが大量のSNSのデータを持っていて、AIのツールも出していることを知って、親和性があるなと思ったのがきっかけです。

S.A

僕は「開発が思いっきりできる」という条件で企業を探していて、何社か内定をいただいた中で一番雰囲気がいいと感じたことと、自分のペースで開発ができそうだと思ったことが、志望理由です。

H.W

僕も開発が好きで、機械学習の研究にも興味があったので、両方に携われる点が良いと思いました。社長もCTOも実績のある方々なのに気さくに話してくださって、面接の段階で直感的に波長が合うなと感じたことも大きかったですね。

S.K

自分はしゃべりが下手なので不安はありましたが、面接の技術よりも今まで開発してきた実績や人間としての中身を見てもらえる印象でしたね。

S.A

学生の時に創作したプログラムを見ていただいたら、「面白いね!」とホメてくださったりもして(笑)

H.W

実際に「入社して良かった」と思うのは、1年目から色々なことに挑戦させてもらえることです。

S.K

研修の時に、以前から創りたいと思っていたボイスチェンジャーを開発させてもらえたのはうれしかったですね。Twitterとかでポジティブな反応が返ってきたりもして。実際にAIを活用したツールである「チャットボット」に組み入れてもらったりもしています。

H.W

S.Kくんが創作したボイスチェンジャーの土台をいっしょに開発したのですが、企画に近い段階から新規サービスの開発に取り組ませてもらえることは、ユーザーローカルならではの魅力だと思います。

TOPIC 2
ユーザーローカルの好きなところは?
研究室のような雰囲気だから働きやすい
S.A

上と下の距離が近いところはいいですよね。上司と部下というよりも先輩と後輩のような関係というのか。 

H.W

「大学の研究室みたいだよね」って、みんな言っていますね。気軽に相談もしやすいし、色々なことを教えてもらえます。

S.A

5月に新卒も含めて、エンジニア部全体で1泊2日の開発合宿に行ったのはいい思い出です。昼間は、各々が創りたいものを創ってプレゼンしあって、先輩にアドバイスをいただいてブラッシュアップしていって。

S.K

やらされる感じではなくて、個人が裁量を持って創りたいものを創って、良ければ実際にリリースしてもらえるのは新人にとっていいチャンスだと感じましたね。

H.W

夜の自由時間には、飲める人はお酒を飲んで親睦を深めたり、同期が持ってきたボードゲームで遊んだりして(笑)

S.K

社長やCTOと気軽に話せる距離間もいいところだよね。

H.W

社長も同じフロアにいるので、席の真後ろに来て色々と話してくださるのは有り難いですね。大企業だったら、新人が社長と話せる機会もなかなかないでしょうし。

S.A

HPのUI/UXを担当することが多いのですが、社長と社員という関係ではなくエンジニアとして「TOPページはこうしたほうがいいんじゃない?」「ユーザー目線ですとこうしたほうが使いやすいと思います」などと議論をしながら、サービスの質を高めていけるのはとてもいい経験になっています。

S.K

社長がエンジニア出身だからこそ、一人ひとりのエンジニアの気持ちを分かってくれるのは働く上で大きいと思います。会社の近くに住むと家賃補助が出る「2駅ルール」や、自由に働ける「フレックスタイム制」などといった制度があるので仕事はしやすいですね。

TOPIC 3
今後の目標を教えてください
0→1の企画力と開発力を身につけられる環境がある
S.A

短期的には、現在関わっているプロジェクトを成功させたいですね。新しい機能を追加したり、見た目を変えたりと試行錯誤しながら、お客様に喜んでいただけるように。長期的には、「自分がこのサービスを開発した」とエンジニアとして誇れる実績を残していきたいですね。

H.W

入社当時から「新規事業を立ち上げて、中心的な開発に携わりたい」と考えています。今でも足がかりになるようなツールを創れてはいるのですが、将来的にはより多くの人に使っていただいて、収益につながるようなサービスを手がけていきたいです。

S.K

エンジニアとして技術力を高めていくことはもちろん、0→1の企画力と開発力を身につけていきたい。それを実現できる環境が、ユーザーローカルにはあると思うので。

最後にユーザーローカルを志望する学生にメッセージをお願いします。
S.A

個人的には開発がしたくてユーザーローカルに入りましたが、その選択は間違いではなったと実感しています。創ること自体が楽しいし、自分のペースで動けているので、「何よりも開発がしたい」という人はぜひ当社に来てほしいですね。

H.W

S.Aくんが言ったように、自分のペースで開発ができるのはいいところですよね。エンジニアとしての開発環境は良くて、私服で働けますし、音楽を聴きながら作業したりもできます。「リラックスして開発がしたい」という人には向いている会社だと思います。

S.K

一貫して幅広い業務ができるのは魅力です。開発をしたいという人だけでなく、企画などの上流工程から携わりたいという人にも強くおすすめしたいですね。驚くような実績や技術力を持つ先輩も多く、色々と教えてもらえるのでエンジニアとして成長したい人はいっしょに働きましょう。

INTERVIEW
社員インタビュー
エンジニア職座談会
次世代のユーザーローカルを創る
エンジニア対談

エンジニア職

自社マーケティングツールの企画開発。設計から運用、新技術の研究開発も。

ビジネス職

企業のビックデータ・AI活用を支援

エントリー受付中

2020卒 エントリー