株式会社ユーザーローカル
新卒採用サイト

エントリー

ビジネス職座談会

入社1,2年目の
若手メンバーが語る、
ユーザーローカル
の魅力

T.A
T.A
職種:コーポレートセールス
2017年入社 明治大学 政治経済学部 卒
大手電気メーカー、宿泊施設、教育系企業を担当。2年目からは企業展示会を担当する予定。
T.K
T.K
職種:コーポレートセールス
2017年入社 北九州市立大学 経済学部 卒
コーポレートセールスとして大手マスコミ、航空会社、食品メーカー等を担当。営業成績を評価され、2018年第1QのMVPを獲得。
I.N
I.N
職種:コーポレートセールス
2017年入社 武蔵野大学 教育学部 卒
コーポレートセールスとしてアパレル、医療メーカーなどを担当。
K.T
K.T
職種:コーポレートセールス
2018年入社 一橋大学 商学部 卒
1年目からゲーム企業、食品メーカーを担当。
TOPIC 1
ユーザーローカルの好きなところは?
居心地の良さと適度な緊張感がある
T.K

20代の社員が多いから話しやすいですし、馴染みやすい会社だと思います。仕事の話はもちろん、趣味などの話もそれぞれ興味分野が違うので話していて楽しいですね。

T.A

先輩後輩の壁がないので、聞きたいことや悩みをすぐに相談できます。上下関係が厳しくないのは、ユーザーローカルの良さじゃないかな。

K.T

一般的には、ベンチャー企業はチャラチャラしているイメージもあるけど、ユーザーローカルは居心地の良さと適度な緊張感のバランスがいい企業だと思います。就活では大企業も受けましたが、オフィスに入った瞬間にピリピリしている印象で私には合わないなと感じましたし。

I.N

バリューの一つに「規律と遊び」という言葉がありますが、それを体現している人が多い気はします。T.Kくんも「お客様とコミュニケーションを取ること自体が楽しい」とよく言っているよね。

T.K

I.Nさんもそういう印象があるな。

I.N

担当しているお客様に評価されて、新しいお客様を紹介していただけた時はうれしいです。T.Kくんだけではなく、仕事の中で楽しさを見つけるのが上手い人が多い気がしますね。そういう先輩や同期の背中を見ながら働けるのはいい環境だと思います。

T.A

週初めのチームミーティングで、メンバー通しの成果や良い部分を褒め合う時間があるのですが、「前向きに課題を設定して、目標達成している姿がかっこいいです」などと言われるとモチベーションが上がって「また一週間がんばろう!」と思えますね。

I.N

私も同じチームなのですが、数値だけではなくて努力している過程も評価してもらえるのはやりがいにつながっています。チームのみんなに見ていてもらえると思うと、がんばっている方が楽しいという気持ちになれますね。

T.K

確かに人のダメなところを指摘するより、長所を伸ばす社風はあるよね。私とK.Tさんのチームには褒めタイムがないので、来週月曜日に褒めたいと思います。

K.T

今日からでも大丈夫ですよ(笑)
T.Kさんは1年先輩なのですが、帰り際や回りに人がいなくなるタイミングに「大丈夫?」と声を掛けてくださることには助けられています。

T.A&I.N

かっこいい(笑)

TOPIC 2
世の中にユーザーローカルが提供できる価値とは?
働き方改革やビジネスの効率化につながる提案を
K.T

今は「人手が足りない」というのが日本企業に共通する課題ですよね。担当している「チャットボット」を例にしますと、人でなくても良い作業を人工知能(AI)に任せて、人が頭を使わないといけない部分に時間や労力を投資できるようになるのは一つの価値だと感じています。

T.A

ユーザーローカルでも「チャットボット」を使っていて、事務的な疑問などは人工知能(AI)が解決してくれるので、本当に聞きたいことだけを質問できるようになったのは効率的だと感じています。空いた時間で別の作業ができますし。

I.N

担当しているアパレル業界の場合、一社で数多くのブランドを持っているため担当者が異なり、データを持っていてもうまく活用できていないケースが多いのですね。難しいイメージのあるデータ分析を、当社のツールでわかりやすく見える化することで、「意思決定がスムーズになった」というお話はよくいただきます。

T.K

テレビ番組のデータ分析では、視聴率が大きな軸としてありますが、番組を見ている人がSNSで発言した内容も注目されるようになってきています。SNS解析ツール「Social Insight」を用いて、番組に対する発言や反響数を数値化するといった提案は喜ばれています。

K.T

私もラジオ局に行った際に「最近では配信サービスが増えて、コンテンツの反響を聴取率では測れなくなってきている」という課題をいただいて、「今の時代に合わせた指標として、SNSの発言量を活用しませんか」と提案しているところです。

T.A

ヒートマップを使ったWEB解析ツール「User Insight」も当社を代表するツールですが、HPのユーザーが何に興味を持っているのかを色で見える化できる機能の評価は高いですね。「売上を伸ばすためには、使いやすいUI設計にすると効果的です」などと提案することで、実際に成果が出て喜んでいただけるのはやりがいの一つです。

TOPIC 3
ユーザーローカルを志望する学生にメッセージをお願いします。
新卒でもチャレンジできる環境がある
T.K

これから大きくなっていく企業ですので、やりたいことがあれば、自分で機会を生み出していけるチャンスがある環境です。成長過程をいっしょに楽しめる人といっしょに働いていけることに期待しています。

K.T

IT業界はもちろん、メディア業界、ゲーム業界、食品メーカー等、色々な企業の人に会えるので、私のようにバイキング的に幅広い知識を得たり、様々な経験をしたいという人には向いている会社だと思います。

T.A

支えてくれる先輩や後輩、信頼できる同期、人に恵まれたことが今の自分につながっています。「仕事を通してお客様の課題を解決していきたい」「自発的に成長していきたい」という人には、ユーザーローカルは絶好の場所です。

I.N

就活は出会いだと思います。私も教育学部出身で先生になろうと考えていましたが、縁あってユーザーローカルに入社して、今はやりがいを持って働いています。会社も順調に成長していますし、何よりもいっしょに働く人たちが素敵なのでぜひいっしょにがんばりましょう!

INTERVIEW
社員インタビュー
ビジネス職座談会
セールスの若手メンバーが語る
ユーザーローカルの日々

エントリー受付中

2020卒 エントリー