PROJECTプロジェクトを知る

PROJECT 02 Chapter 3

全社一体となって成功させた「データ活用の未来を考える1日」

社内の協力体制、参加者の声、そして成果

セミナーが無事終了。
スケジュールが多少後ろにズレはしたものの、参加者の評価は非常に高かった。集まったアンケートには「試しに製品を導入してみたい」という声が多く、営業面でも成功だったと言える。M.K自身、これまでセミナーの実施に携わったことが何度かあったが、今回のようにすべて自社で完結させたのは初めてだった。

「学生時代の学園祭やサークルを思い出しました(笑)」M.Kは笑顔で語る。
「社会人になってからこんなに仲間の一体感を感じる機会があるとは思わなかったです。やはり自分一人では絶対できないことを、みんなの力を合わせてやり遂げるのは達成感がありますね」

ビジネスパーソンとしても大きな収穫があったと言う。
「打ち上げの飲み会で講師の方々と親しく話す機会がありました。そのとき、タイアップの提案やアイデアをいただき、予想外のつながりができました。新規顧客開拓のヒントもいろいろ得ることができたので、会社にも私個人にとっても収穫の多いセミナーでした」。

「これまで単独で営業することが多かったのですが、社内の協力や社外のネットワークを活用する方法がわかり、自分の幅がとても広がりました。他部門も含めて強い信頼関係を築き全社一丸になって取り組めば素晴らしいパワーが発揮できます」と続けた。

さらなる刺激と可能性を求めて、M.Kは次の仕掛けに思いを馳せる。

セミナーの詳細はこちらをご覧ください  http://event.userlocal.jp/
BACK Chapter 3

ENTRY

エントリー受付中