PROJECTプロジェクトを知る

PROJECT 01 Chapter 3

現状に留まることは無い「進化を続ける基幹サービス“Social Insight”」

確実に、着実に、それぞれのミッションを進めていく

主にY.Tがシステムを、K.Hがデザインを担当してコードを書き続け、約3~4カ月かけてリニューアルした機能は、社内で使ってもらい、不具合や改善点を見つけてさらにブラッシュアップしていく。

「一番気を使ったところはUI/UXですね」。K.Hは言う。「実は、それまでSocial Insightを使ったことがなかったんです。なので逆に素人目線で触ってみて、細かい足りないところが分かってきた。ユーザーに寄り添ったものを作りたいと思い、表に見えるデザインも裏側のシステムもこだわって詰めていきました」

一方のY.Tも「社内でのコミュニケーションを密にとって、営業からの使用感やお客さまの要望も聞いて、今バージョンの強みと弱点を聞いて回ったり、システムの中身についても先輩に相談聞いたりしながら進めていきました」。その結果、「メンテナンスのしやすさや、これからのことも考えてシステムの整理ができたと思う」という。

BACK NEXT Chapter 3

ENTRY

エントリー受付中