PROJECTプロジェクトを知る

PROJECT 01 Chapter 1

現状に留まることは無い「進化を続ける基幹サービス“Social Insight”」

若手メンバー2名に任されたプロジェクト

開発を担当するY.Tは言う。「お陰さまで使っていただくお客さまも増えてきていますが、今のバージョン以上に使い勝手を良くするように、システムもUIも含めて現在の仕様を見直してゼロから再構築しているところなんです」

昨年の年末から今年にかけて、社内でリニューアルしようという声が高まり、今年に入りプロジェクトが動き出した。担当するのは入社4年目のY.Tと2年目のK.H。特にK.Hにとって、一つの大きなプロジェクトを任されるのは初めての経験。大抜擢だった。

「社長や前回の開発者を交えた全体のミーティングで方向性を固めていきますが、システムもデザインも併せて基本的には2人で進めています。作る側と使う側、どちらかに偏ることなく両方の立場のバランスを考えながら進めています」とK.H。

BACK NEXT Chapter 1

ENTRY

エントリー受付中