PEOPLE人と仕事を知る

コーポレートセールス・リーダー

「速い、できる、明確、温かい」が、ユーザーローカルのキーワード
Y.S | 駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 卒 2014年入社

競争力があり、誇りを持って提案できる製品を

「自分が参加して会社を作っていきたい」そんな思いがあり、ベンチャー企業を中心に就職活動しました。希望していたのは営業職。何事にもチャレンジするのが好きで、相手の気持ちに寄り添い、人の役に立ちたいという自分の性格に向いているからです。
「営業をするなら競争力のある、誇りを持って提案できる製品を持っている会社」と決めて探しました。いくつかの会社に絞り込んで会社訪問を続ける中で出会ったのがユーザーローカル。企業研究を進めると「ああ、この会社はすごく自分の志向にフィットするな」と強く感じました。製品の強みと魅力だけではなく、面接などで会った社員の方たちに暖かさを感じたのもその理由です。「面接」のはずなのに社員の方たちが私自信の就活そのものを応援してくれてアドバイスをくれたことは、他の会社で出会ったことの無い印象的な経験でした。

成長するスピードがとにかく速い

ユーザーローカルの大きな特徴として、入社してからの成長速度がものすごく速いことがあげられると思います。事業や組織の成長と変化が速い上に、与えてもらえる仕事の幅と責任が入社直後からとても大きいことが理由だと感じています。さまざまな企業から新入社員が参加する、社外研修を受けたことがあります。入社直後、半年のスパンで定期的に参加するのですが、久しぶりに他社の同期と顔を会わせると、自分の成長をはっきりと感じることができます。
現在、私は取締役の隣の席で仕事をしています。とてもフランクな社風なので取締役とは日々会話をしており、会社が向かおうとしている方向性や変化を、そこから直接感じることができます。「なぜ今、これをやるのか」「自分の仕事はどこに繋がっているのか」。日々の仕事の意味と会社の向かうベクトルが、自然と一致するようになりました。自分の成長が、ダイレクトに会社の成長に繋がっていることを強く意識しながら仕事をしています。

「手を上げる人」に応えてくれる環境

入社2年目に入ってから、新たな目標に取り組んでいます。ユーザーローカルはお客様に質の高いサービスを提供するために、直販での営業を基本としていました。一方で、代理店として当社の製品を扱いたいというご要望をいただくことは少なくありません。サービスの質を落とさずかつ円滑な代理店制度を、新たな営業戦略して立ち上げることになりました。1年間直販営業を経験して「より自分の幅を広げたい」と思った私は、制度立ち上げの担当者として手を上げました。代理店の窓口の役割を一手に引き受け、ルール作りをし、フォローを始めました。試行錯誤を繰り返しながら手探りで進める中で、ひとつひとつ制度を作っていきました。次第に結果が出始め、代理店経由の受注が最初の1年で倍増するという結果を出すことができました。もちろんまだ改善し強化すべきことは多く、事業の柱となるべくさらに努力をしていく必要があります。
ユーザーローカルは「手を上げる人」に、応えてくれる環境です。より成長したい、もっと新しいことに挑戦したい、という志向を持つ人にとっては最適な会社だと思っています。

ENTRY

エントリー受付中