PROJECTキャリアと社風を知る

セールスの若手メンバーが語るユーザーローカルの日々

セールスの同期メンバーが語るユーザーローカルの日々
I.N
武蔵野大学
教育学部
2017年入社

就職活動のころって、いろいろな企業を見ることのできる、またとない機会。興味がないようなところでもいろいろな企業を訪問すると、その後も世界が広がると思います。

E.Y
群馬大学
社会情報学部
2017年入社

イメージや先入観にとらわれないで、広くいろいろな業界、会社を見て欲しいと思います。そうすることで、自分が本当にやれる会社が見えてくると思うので、ぜひ挑戦してほしいですね。

K.N
筑波大学
体育専門学群
2016年入社

自分の枠を決めずにさまざまな会社を見て、存分にチャレンジできる環境があり成長のチャンスがある会社と、ぜひ出会って欲しいと思います。

T.K
北九州市立大学
経済学部
2017年入社

感覚的なことを言語化することってとても大事だと思うので、そこを磨きあげていくと社会人になってからもとても役に立ってくれると思います。

ユーザーローカルを選んだ理由は?

T.K

もともとは出身の福岡での就職を考えていたのですが、大学のゼミではデータの分析をやっていたので、マーケテイングの会社にも興味があり、そういう会社が地元では少なかったので東京での就職活動も始めました。最初はベンチャー企業のメラメラ感?が自分と合わないと思っていたのですが(笑)、説明会でユーザーローカルを知り、いろいろと話を聞いているうちに、自信をもって誇れる自社ツールで社会に貢献できると聞いて、雰囲気もとても良さそうだったので、自分も頑張っていけると思えてきました。

E.Y

学生時代にはコミュニケーション論などに興味を持っていたので、最初は新聞、テレビ、広告などのマスコミを目指していました。ただそこで本当に自分のやりたいことができるのか?と考え直し、ベンチャーへの就職活動も始めました。ユーザーローカルには最初は興味本位からでしたが、説明会などを通して知れば知るほどに、SNSなど自分にも身近なところの解析を通じて、社会や企業活動にインパクトを与えるということに話に感化されました。それに自分が好奇心旺盛過ぎるんですよ(笑)。なので業種業界に幅広く携わりたいという思いがあって、この会社が自分に一番フィット、マッチしていると思ってすぐに決められましたね。

I.N

大半が学校の先生になり、民間企業に就職するのが珍しい学部だったんですが、姉がマーケテイングをやっている会社にいたりして、自分もマーケテイングや企画の仕事をしてみたいと、数多くのいろいろな会社を見て回りました。ユーザーローカルは説明会に行って初めて知ったのですが、選考が進むにつれて業務内容や会社の雰囲気などをどんどん知って楽しさが分かってきました。ベンチャー企業ということで正直、ラクではないだろうなという印象あったけど(笑)、ツライだけじゃなくて社員の皆さんが生き生きと働いているという印象があったので、がんばってみたいな、と思えました。

T.K

自分も実際のところ、ベンチャーでやっていけるのかな、と不安でしたね(笑)。

E.Y

私の場合は両親や周りの友人に、ベンチャーで大丈夫なの?と心配されました。ただ、そこでやりたいこと、モチベーションがあったので自分自身は、なんとかなるだろうと思っていましたけど(笑)。

先輩や上司、職場の雰囲気を教えてください

I.N

入社する前は私も不安だったんですけど、思っていたより大丈夫でした(笑)。新入社員に対する教育制度、や支えてくれる周りの先輩たちのサポートもしっかりしていますし、会社全体が暖かい、みんなで頑張ろうという雰囲気がとても強いように思えます。

K.N

自分は入社2年目なのですが、自分たちの時よりもさらに新入社員への教育体制が整ってきているように思います。より実践的な教育のおかげで、成長スピードも速くなっていますね。

T.K

K.Nさんには、ついこの前に電話でのアポのやり方を聞いて、アドバイスをもらいました。他にも社内のセミナーや同期の仲間に相談したりして、おかげでアポを取るのが苦手だったけど、徐々に出来てきて先週ぐらいからアポ率が上がってきました。

(一同)おーー!

E.Y

頑張って成績を上げた人を褒めるという雰囲気がありますね。もしダメだった場合でも、じゃあ次をどうするかを一緒になって考えてくれます。

どんなビジネスパーソンになりたい?

T.K

「チャットボット」など会社もこれからどんどん新規事業に取り組んでいくと思うので、その立ち上げの際に自分も呼んでもらえるように結果を出していきたいです。

E.Y

ウチではイベントなど外部に向けた講演をする社員もいるのですが、まだ女性でやっている方はいないそうなので、これまでの営業の資料やノウハウを蓄積していって、女性目線も活かしてそういう人間になりたいですね。

I.N

自分のこれからについては、最近は自分で出来ることも増えてきたので、目標達成だけではなくさらなる上乗せが出来るといいな、と。そのために自分の業務内容や行動などを見つめ直しているところです。

K.N

今年の新入社員はみんなとてもいい感じで育ってくれていると思っています。会社の仕事のスピードも速い分、個人個人の成長スピードの速さも実感してくれていると思うので、そのなかでも目の前のことだけではなく将来的なことも考えて、今に何をすればいいのかを考えていくと、さらに自分の成長が加速していくと思います。

ENTRY

エントリー受付中