PROJECTキャリアと社風を知る

次世代のユーザーローカルを創る、同期エンジニア対談

次世代のユーザーローカルを創る、同期エンジニア対談
R.K
法政大学大学院
理工学研究科
2017年入社

自分のやりたいことが出来る会社を模索していってほしいと思います。そのうえで、自分にとって働きやすそうな職場の雰囲気も大切だと思うので、先入観なく実際に会社を見てみることも大切だと思いますね。

K.T
筑波大学
情報学郡
2017年入社

ユーザーローカルの開発部は、大学の研究室のような雰囲気です。個々がやりたい方向へ向かっていくことが出来たり、気軽に相談できる雰囲気があります。そういうのを求めている人にぜひ来てほしい会社だと思います。

N.N
岩手県立大学
ソフトウェア情報学部
2017年入社

いろいろな会社を見て、妥協しないでここで働きたいと思える会社を求め続けることが、結局は自分のためになると思います。


ユーザーローカルを選んだ理由は?

R.K

就職活動では、情報処理などIT分野が好きだったので、その業界に絞っていました。そのなかで知ったユーザーローカルは、大学院でSNSの情報を集めて処理させたり機械学習を研究していた自分にとっては、事業内容がまさにピッタリの会社。いくつか他の候補の会社もあったけど、一番やりたいことが出来るのはここしかない、とすぐに決めました。

K.T

私は実はエンジニアとして就職活動をしていたわけじゃなくて、IT系の営業の仕事を志望していたんですよ。大学では情報関係の全般を学んでいたので、自分を活かせるのは情報系の知識を活かしながら、人と話せる営業だろうなと。ですので、ユーザーローカルも最初は営業職で応募していて、選考の過程で営業の先のやりたいことを聞かれて、企画・製品を考える側に行きたいという話をしていたら、まずはエンジニアになったら?と(笑)。そんな柔軟さがある会社なので、一番自分がやりたいことが出来そうだと思いました。

N.N

大学では情報工学で、スーパーコンピュータなどの研究をしていたのですが、研究分野が活かせる会社がなかなか少ない。そこで技術力を重視してくれて、新しい分野に挑戦しているという2点を重視して探していたら、ユーザーローカルから声を掛けてもらいました。仕事内容を聞いてみると、これまでSNSを解析したデータなどが多くて、このデータを使って元にモノが作れることや、ベンチャー企業の程よい規模で、自分の裁量もある程度ある感じが自分に合っているかな、と。

現在の仕事内容を教えてください

K.T

Webサイトの改修をしたり、技術系の問い合わせへの対応などのサポートを担当しています。相手はエンジニアではないユーザーなので、専門的になりすぎないような話し方や見せ方などを考えたりしながら、仕事を進めています。プログラムを組んだりといったガチガチのエンジニアっぽくはないのですが、勉強した部分が活かせているなと感じています。

R.K

収集したデータの分析が主な仕事ですね。テキストをメインに分析したデータを使える状態にする感じです。大学時代に培った技術やシステムを活かせ、とてもやりがいがあります。さらに、分析したデータを活用して何ができるのかを提案したり、社内で活用してもらったシステムを製品化することもできるみたいので、取組みたく思っています。

N.N

ウチの主力商品のひとつである「ユーザーインサイト」の新機能の開発をやっています。実際に使っている他の部署のユーザーから要望を受けたり、希望している概要を聞き取って新機能を開発していっています。他の会社にいった同じ新卒の友人たちがまだ研修中だったり、ようやく配属が決まったという段階なのに、ウチではもう第一線でやらせてもらっている。これはスゴイことだと思います。

先輩や上司、開発環境について教えてください

N.N

ずっとパソコンなどをやってきたので自分では「自分は出来る」と思っていたんですが、ここでは優秀な先輩たちがたくさんいて、圧倒されました。とても勉強になります。自分はまだまだと気付かされましたね。それに外部セミナーに出席させてくれたり、業務上必要とあれば書籍や資料も積極的に購入の支援をしてくれるなど、会社としてのサポートもとても厚いです。

K.T

先輩たちが優しすぎるのでは、というほどに親身に教えてくれる(笑)。1を聞いたら、10返してくれる先輩が多いです。社員みんなのレベルがすごく高いので、仕事に関連した新しい情報もどんどん入ってきてすぐに共有されます。とても楽しいし、いい刺激をたくさん受けています。

R.K

社員の周りがみんな若いので、話が合いやすくてとても親しみやすいです。周りの先輩とも一緒になって盛り上がれる。そのうえで、自分が意見したことややりたいことなどもすぐに取り入れてくれたり、反映してくれます。それやってみようか!と柔軟に対応してくれるのがありがたいです。

K.T

確かに、開発部では私たち3人が同期なんですが、ランチに行ったりする際も同期で固まっていくというより、先輩も含めてみんなで一緒に行くって感じですよね。

エンジニアとしての将来は?

N.N

大量のデータを一般の人にももっと使いやすいように進化させたり、プロジェクトを自分でけん引できるように勉強していきたいですね。技術を究めていき、コレで食っていける!と言えるようになりたいです。

R.K

今はテキストの分析がメインですが、いずれはテキストだけでなく画像も分析できるように開発していくなど、様々なデータを扱えるようにいろいろなことに挑戦して自分が出来る範囲を広げていきたく思っています。

K.T

私はまずはもっとエンジニアとしてのスキルを身に着けていき、さらにその先はエンジニアというより、製品を企画していく側に行きたいと思っています。技術スキルとトレンドはどんどん新しくなっていくので、それらを常に常に把握していきたいです。

ENTRY

エントリー受付中