PROJECTキャリアと社風を知る

セールスの同期メンバーが語るユーザーローカルの日々

セールスの同期メンバーが語るユーザーローカルの日々
A.S
日本女子大学
文学部 英文学科
2015年入社

色眼鏡をかけずにいろいろな会社を観ると、視野が広がります。就活は一生に一度のチャンス。幅広く情報収集して、人生に役立ててください。

M.I
立教大学
現代心理学部 映像身体学科
2015年入社

部活やサークルで頑張ってきたこと、自信を持っていることなど、アピールポイントを探してください。私の場合も、就活にも現在の仕事にも役に立っています。

H.U
慶應義塾大学
環境情報学部
2015年入社

就活が始まると、それだけに眼が行きがちになり、いままでやってきた勉強や部活がおろそかになります。時間管理をしっかりして、やってきたことを継続してください。

ユーザーローカルを選んだ理由は?

M.I

私は初めから業界を絞って就職活動をしました。ターゲットはWeb系で、マーケティングの力が発揮できる会社。大手企業ではなく、ベンチャー中心です。一人前になるまでの期間が短く、早く仕事をまかせてもらいたかったから。あとは、社会人になってもプライベートは大事にしたかったので。あとはやっぱり雰囲気ですね(笑)。面接などで会った社員さんがとても仲良さそうだった。

H.U

僕はスポーツ工学をやっていて、身体の動きを研究していました。研究でデータ分析に親しんでいて面白さを知り、これを仕事にしたいと思っていたんです。時代的にもデータ分析が注目され始めたころですね。ユーザーローカルは、事業内容がやりたいことにぴったり合っていたことと、あとは同じく雰囲気(笑)。会う人すべてが明るく、元気で、さわやかな印象でした。例え仕事はきつくても、この会社なら本気を出せそうだと、入社を決めました。

A.S

私は、もともとは大手志向でした。ただ就活していくうちにベンチャー企業にも目が向くようになりました。やはり、若いうちからいろいろなことにチャレンジするならベンチャーかなと感じたんです。モノづくりにも興味があったので、自社製品を扱っているベンチャー企業、という視点でユーザーローカルと出会いました。決定的だったのは、採用担当の女性社員さんがとても魅力的だったこと。こんな社会人になりたいな、と思ったんです。

M.I

ひと言つけ加えると、社長との距離が近いこともユーザーローカルを選んだポイントでしたね。これから成長する会社だからこそ、経営陣の考えとか方向性を近くで感じることができそうだと感じました。

入社してみてどうでしたか?

H.U

新人でも先輩の補助的な仕事ではなく、自分で考えて行動することをすごく求められました。新人にこんなに任せて大丈夫なのかな、と思うほどです(笑)。セミナーの企画やお客様への案内など、入社直後からバリバリ現場で仕事をさせてもらってましたね。僕は最初、営業という仕事に苦手意識があったけれど、どうやったら成果があがるか工夫していくうちに面白さがでてきました。みんなはどうなのかな。

A.S

私はちょっと違うかも(笑)。一人前になるまで、先輩がしっかりサポートしてくれるのがとても心強かったですね。今は後輩がついていて、教えることの難しさを感じています。先輩から色々教えてもらったことを自分なりに伝えようとしているんですが、なかなか思ったようにはいかない。自分なりに、教え方や大切だと思うことを文章化してみたり、試行錯誤しています。最近は、やっと後輩の成長に貢献できているかなと感じされるようになりました。

M.I

私もこれまでは先輩について仕事をしてきました。いろいろな先輩と一緒に仕事をすると、それぞれに個性的で、学ぶことが多いですね。みなさんの強みを全部自分のものにして、同期より成長しちゃおうと思っています(笑)。社長や役員もオフィス内を普通に歩いているので、どんどんつかまえていろいろ教えてもらっています(笑)。いろいろなアドバイスやお客様との会話、気付いたことなどを日々ノートに取っています。担当したお客様の感謝の声や先輩から褒められたことなどを読み返して、一人で喜んだりしています(笑)

先輩や上司、職場の雰囲気を教えてください

M.I

私の上司は、1歳年上です。年齢も近いので、仕事だけじゃなくプライベートの相談をしたりすることもありますね。ランチに行ったり、飲みに連れてってもらうことも多いです。上司は、セミナーの講師などをバリバリこなしていて最前線で活躍しています。憧れますね(笑)。私も近いうちには・・・(笑)。

A.S

結果を出してこその過程だと思いますが、私の上司はその過程をよく観てくれていると感じますね。そのうえで、足りない部分をフォローしてくれます。机に座って指示するのではなく、一緒に考えてくれます。すごく尊敬していますが、上司というより仲間という感じがします。何でも話せる方なので(笑)。

H.U

全体的に、社員同士の仲がすごく良いんですよね。上司とか先輩だから話しづらい、という感じは全く無いです。誰かが仕事で成果を挙げれば、全員で大騒ぎして喜びますし(笑)。経営陣も一緒に(笑)。
私の上司も3歳くらいしか歳が違わないですね。つい最近まで、同じ悩みを持った先輩なので、アドバイスがすごく的確です。

どんなビジネスパーソンになりたい?

H.U

5年先、10年先の目標はまだはっきりしていません。今は、ビジネスの力をもっとつけて最前線で活躍したいと思っています。データ活用の仕方をもっと学んで、お客様の業績が上がるような提案をしたい。お客様がデータを有効に活用できるサポートをしたい。勉強することが山積みです(笑)

M.I

私は、顧客向けのイベントやセミナーの講師として、日ごろ感じているデータ活用の課題や解決策をわかりやすく伝えられるような立場になりたいと思っています。自分自身、お客様の課題をじっくり考えて解決策を提案することがとても好きだし、強みだと思っているので、そこはもっと磨いていきたいと思っています。

A.S

近い目標として、まずは後輩の成長にもっと貢献できるようになりたいと思っています。これからもっと後輩や部下ができたときに、チームのマネジメントをしっかりとできるような存在になっていきたい。
あと私の入社理由として、当時の採用担当社員さんへの憧れが大きかったので、学生のみなさんに魅力を感じていただけるように自分自身が成長して、ゆくゆくは採用担当者としてユーザーローカルの魅力を伝えていく仕事もしたいと思っています。

ENTRY

エントリー受付中