PROJECTキャリアと社風を知る

次世代のユーザーローカルを創る、同期エンジニア対談

次世代のユーザーローカルを創る、同期エンジニア対談
Y.I
筑波大学 情報学群
知識情報・図書館学類
2016年入社

子どものころは機械や工作音痴だったが、大学のプログラミングの授業で面白さに目覚めた。文字 (プログラム)を書くだけで動くものができる魅力に取りつかれている。

H.T
東京電機大学
情報環境学部 情報環境学科
2016年入社

子どもたちがゲーム機で遊んでいたとき、家に唯一あったパソコンをいじって遊んでいるうちに操作を覚え、中学生のころからプログラムを組んでいた。

K.H
奈良先端科学技術大学大学院 情報科学研究科
2016年入社

兄が高等専門学校でモノづくりに打ち込んでいる姿に刺激されて高専から技術系の大学院に。そこで「自分はハードよりソフト向き」と確信し、IT分野に向かう。

ユーザーローカルを選んだ理由は?

H.T

僕は、「エンジニアとして究められるか」「自社で、世の中初のことをやっているか」をポイントに会社選びをしました。それも大きい会社ではなく、一人当たりに任される仕事量が多く、エンジニアとしての技量が磨ける規模の会社です。それがユーザーローカルでした。みんなはどんな視点で会社選びをしたのかな。

Y.I

大学1年生のときに取ったプログラミングの授業が面白くて、3年生の専攻選択時にシステム系のコースを選びました。就活は「面白いこと」をやっている会社を探して「もしよい会社に出会えなければ大学院に行こうか」くらいに気楽に考えていました。たまたま研究室の同期がユーザーローカルを知っていました。30人くらいの少数精鋭でビッグデータを扱い、特徴的な自社製品を持っていることを聞き、応募しました。

K.H

僕はイノベーティブな製品サービスを開発しているIT系の会社に絞ってまわっていました。ウェアラブルデバイス関係の会社も多く集まる説明会で偶然ユーザーローカルの事業内容を知り、さまざまなデータ解析をしてソリューション提供している面白い会社だと思いました。一番印象に残ったのは、社長自ら「スマート座布団」という客の回転状況を調べるアプリを開発していて、デジタルだけでなくリアルの世界も視野に入れたユニークな会社だというところです。

現在の仕事内容を教えてください

K.H

研修を終えて、5月から開発の仕事をしています。早速、開発をさせてもらえるとは思っていませんでした(笑)。今のプロジェクトは動画サイトの計測ソフト開発です。製品化は未定ですが、今後ビジネスとしても展開できそうで楽しみです。

H.T

現在、SNSのユーザー行動を可視化する新機能の開発プロジェクトに参加しています。僕が担当しているのは、より視覚的にわかりやすい表示方法の開発などです。K.H君と同じく、僕も現場最前線で開発させてもらえるのはもっと先かな、と思っていました。日々、勉強することは山積みですが、短期間でもかなり力が付いてきていると感じています。

Y.I

二人と同じく研修後は、実際に世の中に出すサービスの開発に携わっています。僕が担当しているのはテキストマイニングのサービス開発です。もともと入社理由の一つとして、データ分析の領域で仕事をしたかったということもあり、今アサインされているプロジェクトは非常にやりがいがあります。

先輩や上司、開発環境について教えてください

K.H

入社して驚いたのは先輩たちの知見の広さです。社長やCTOだけじゃなくて、年の近い先輩たちの知識がすごい。質問したことに答えてくれるだけじゃなくて、関連する技術や最新の技術トレンドなんかも教えてくれるので、すごく勉強になるし驚くことが多いです(笑)。

H.T

ユーザーローカルのエンジニアは全員、第一線で製品開発に携わっているので、お客様やマーケットの視点を踏まえて、具体例を出して教えてくれるのでとてもわかりやすいですね。

Y.I

僕の所の先輩も、疑問に思ったことを、親身になって教えてくれます。込み入った議論も避けずに、しっかり教えてくれますね。先輩後輩関係なく、一人の技術者として意見を交わせる環境はすごくありがたいと感じています。社長にも、気軽に相談しています(笑)。

K.H

もうひとつ驚いたのが、会社の蔵書が充実していること。買いたい本があれば、会社でお金を出してくれますが、読みたい本はほとんど揃っています。社外のセミナーにも積極的に出ていますが、社内でもフレキシブルに勉強会が開かれています。フレックスコアタイムも決まっているけれど、かなり自由な勤務体験なので、開発環境としては申し分ないです。あと二駅以内に住んでいると家賃補助もでるので、安心して近くに住めています。

H.T

入社前に、開発用の機材は何を使いたいか聞かれました。PCはMacBook Proがいいか、Airがいいか、キーボードは日本語と英語どちらがいいか、モニターは欲しいか、エディターは何を使いたいか・・・。希望通りに準備していただいたことはとても驚いたし、嬉しかったですね。エンジニアにとって機材は本当に重要ですから。

Y.I

特にエディターが選べたのは嬉しいよね。僕の先輩は「IntelliJ」を使ってます。相当特殊じゃなければ有料ソフトでも入れてくれることが多いから、恵まれているなと感じますね。
あとは、開発に自分のオリジナリティを発揮できることも魅力だと思います。ざっくりとしたテーマを与えられたら、後は各自が自由な発想で考えることができる。開発が楽しく毎回成長が感じられますね。

エンジニアとしての将来は?

Y.I

学生時代に学んでいたこともあり、僕はあまり英語で苦労するということはないんですが、英語で苦労しているエンジニアって結構多いんです。それでプログラム開発の分野で翻訳関係の作業に関わりたいと思うようになりました。海外で出版された書籍の翻訳も将来的にはやってみたいですね。

K.H

エンジニアはどうしても、開発に入ると内に籠る傾向があります。常に現場の生の声に耳を傾けて、マーケットとの橋渡しができる開発をやりたいですね。

H.T

会社の成長や変化のスピードがすごく速いので自分の将来を明確に描くのは難しいのですが、常に新しい技術を勉強して、キャッチアップし続けたいと思います。将来は、技術を磨きつつプロジェクトのマネジメントが出来る力を付けていきたいですね。

ENTRY

エントリー受付中